カートの部屋

ここで



ここでこここではまだ若い時にやっていたカートの思い出を振り返ります。
悩んだり、苦しんだり、余裕でフェラーリが買えるくらいのお金も
使いましたが、それ以上に楽しい事もありました。 レース中は
写真なんて撮ってる余裕なんてとてもないのですが、たまたま
知らない人が写真を撮ってくれていたり友達が撮ってくれたり・・
一部ですが暇なら見てやって下さい   
悩んだり悩んだり
悩んだり、、、



自分のホームコースは「つま恋カートコース」です。  始めた頃はバブル
の頃で、とんでもない台数でした。 台数が多くて半分以上が予選落ちで
予選落ちした人達で「デビジョン2」というレースがあったほどです。自分も
何度も悔しい思いをしました。勝てそうで勝てず、勝てるまで長かったなぁ



これは3時間耐久レースで勝った時です
この頃はまだ時間制限がなく一人で連続1時間10分走りました(−−;)
40分くらいで気が遠くなりました・・・が、やたら嬉しかった覚えがあります
ちなみにコンビのアキオちゃんはスタートから1時間半連続で走りました!
ビレルの燃料タンク、おそるべし!


お約束のシャンパンファイト。  なぜか真ん中で集中攻撃されてます・・・。


これは初優勝の時。 前回のレースで勝てるレースを2位にしてしまったので
スゴク嬉しかったな。何より他のチームの選手、監督が祝福してくれて感動。



バブル全盛のこの頃は雑誌ビデオ撮影がありました。たまに見ると懐かしいナ


これは最終戦。勝てたものの2ポイント差でチャンピオンにはなれませんでした。
おっ  左はまだこの頃子供だったレーシングドライバーの松下昌揮君ですね  


人生でも何でもそうですがチャンピオンと2位は後からの価値が全然違います
特にレース界では・・・・。




ストッククラスはひとまず区切りで、チューニングクラスに挑戦です
資金不足で諦めかけた時、車屋さんがサポートしてくれました
「外国屋シブヤオート」様 ありがとうございました


これはタイムトライアル風景。一台ずつアタックするので全員の視線が痛いです。
TTでスパーラップが出る時は全てが研ぎ澄まされて静か〜な感じがして、もう一人
の自分が自分を見ている不思議な感覚?がします。 電光掲示板に自分がトップ
に入れ替わると何とも言えない快感です!!!!(^^)!              
ここ つぼ川カートランドでは毎年あばらを折り、背中に注射を何回も打ちながら
走りました。ちなみに痛み止めの麻酔は、まっ   ったく効きません!(−−;)


これは 瑞浪レイクウェイの予選1ヒート目。雨は得意です。


・・・で路面が乾いて予選2ヒート目。 ドライでの3位争い。
  前を走ってるのはこの頃学生の杉山タカですね まだ小さい!


・・・が、
やってしまいました・・・。
謝られても・・・悔しかった〜!


ここは つま恋。 おっ 左上には高木トラ選手がいます。
昔、同じチームだった事もあり トラのおやじさんに車のパーツなんか売ったっけナ


キャブはロータリーバルブのFA(フォーミュラーA)クラスです。
今はもう空冷じゃないんだよね(^^;)


これは みんながまだ鉄のチャンバーだった頃、自分で作ったチタンチャンバー。
0.8ミリ以下の鉄、ステン、アルスター、いろんな素材で作ったな〜        
自分の溶接の仕事の勉強にもなりました(^^)!                         
        





そして全日本。 資金も無くなりフレームもヨレヨレだったり借り物だったり・・
バブルで70〜100台エントリー、前の方はワークス、セミワークスチーム
予選落ちは無かったもののSPLエンジン、フレーム、タイヤがほしかった〜。
と、言うより新品のフレームで走りたかったな・・・ 2セットぐらい!(^^;)





で、もう一人の資金スポンサー うちの兄貴との約束で、全日本でトロフィーを
一度でも貰ったらスグに必ず足を洗う!とゆう約束をしていてました。(^^;)
何とか入賞してもらえる事が出来、借金も残すことなく終わる事が出来ました
この時のエントリーはたしか74台(**;)!




他人から見たら「バカな事に金かけて」 とか「家が買えた」とか言われますが
ギャンブルや酒に金を使うより、
人生において大事な出会いや経験が出来たと
思います。会社の休憩時間のコーヒーは水筒に、6年間吸っていたタバコも止め
休日は練習か休出かバイト。でも一つの事に”打ち込めた”ってのは良かったな・・

尊敬する永ちゃんの言葉で「走れる時に走っとけば後で絶対後悔しないよね」って
言葉がいつも支えてくれていた気がします。     カート・・・楽しかった!!!!